東慎也は、ニュースや日頃目にする情景から着想を得たイメージをドローイングに書き溜め、大胆なストロークでキャンバスにイメージを再び描き起こします。独特な色使いと豪快に塗り重ねたメディウムの質感で構成されるシンプルな作品は、見るものの脳裏に焼き付いて離れない力強さを持っています。東の一見愛らしいモチーフの裏には、貧富の格差やデモなどの世界各地で起こっている時事問題が主題として込められており、SNS等で拡散されているミームのような、風刺とも自虐ともとれる独特なユーモアが彼の作品の魅力の一つと言えます。

東 慎也は1994年に大阪に生まれ、京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)の修士課程を修了。現在は大阪を拠点に活動しています。

大学院を修了して間もない若手作家でありながらも、大学在学時より制作展やアートフェアでは作品が完売するなど、早くも多くのコレクターやギャラリストの注目を集めています。日本全国のギャラリーでの展示に加え、2019年にオーストラリアのシドニーで開催されたSydney Contemporaryでは、若手作家にフォーカスした特別会場にて作品が展示されました。